陽子と中性子と電子

 私たちの身の回りのあらゆる物質は、原子と言う小さな粒から出来ています。

原子は原子核と言うさらに小さな粒の周りを、電子がまわっている構造です。

そして原子核陽子中性子と言う2種類の粒が集まったものです。

 

 原子を地球サイズで考えると、原子核は野球場の大きさ、電子はボール位の大きさになります。

つまり野球場の周りを、ボールサイズの電子が地球の半径と同じ軌道でまわっている事になります。

 

 原子核と電子の間には、何もありませんから、原子の内部はスカスカです。

にもかかわらず、物質を構成したり、物を持ったり出来るのは、電子が実体化の役割をしているからです。

 

 例えば、バットでボールを打ち返す事が出来るのは、バットとボールの表面の電子がマイナスどうしの電気的な反発力が原因です。

原子は必ず外側に負の電気を帯びた電子があり、原子核の中に正の電気を帯びた陽子があります。

 

 以外かもしれませんが、私たちの身近な力のうち、重力以外は電磁気力(電気力と磁力)が根本原因と言っても過言ではありません。

実は自然界には根源的な力は4つしかありません。

電磁気力・重力・強い力・弱い力です。

強い力と弱い力は素粒子レベルのミクロの世界でしか顔を出しません。

これらについては、またの機会に話したいと思います。

 

中性子と陽子の性質

 例えば桜は状況がきちんと備われば、桜の花を咲かせ、梅は梅の花を咲かせます。

決して他の花を咲かせることはありません。

これは中性子の振動波が意識であり、陽子の振動波が意志を表しています。

中性子が意識で、陽子が意志だということは、目に見える物も、目に見えない物にも全て意識と意志が存在すると言うことです。

 

 中性子の意識は、感情の役割があり、調和をとります。

 陽子の意志はです。愛情ではなくてです。

 

 即ち愛と調和が全ての存在物の素になっています。

 

 

3つの意識と意志

 本質とは意識と意志の集合体の事ですが、この意識と意志には3種類あります。

 

 1つ目は顕在意識です。

顕在意識は自分を安全に維持・管理する役目です。

 

 2つ目は潜在意識です。

潜在意識は前世からの過去の情報を制御する役目です。

 

 3つ目は「いわゆる魂」です。

 

顕在意識は脳の働きの5%です。

潜在意識は脳の働きの5%です。

そしてこの大部分の使っていない90%と同時空間で一体化し振動体として「いわゆる魂」が存在しています。

 

 魂は原子核の集合体ですが電子を持っておらず、実体化していません。

実体化していませんが、存在しています。

 

 本質である原子核の集合体「いわゆる魂」は、自然の法則に基づいたメッセージを顕在意識に送っています。

顕在意識が調和のとれた状態で肉体を管理している場合は、「本質」からの情報を顕在意識も素直に実行出来ます。

 

 しかしながら自分だけを守ろうとする意識(いわゆる自我)が拡大されると、自然の法則から見て不調和です。

自分だけは、自分の家族だけは、自分の会社だけは、自分の国だけは・・・

 

 現代社会の仕組みでは、顕在意識があらゆる形で、それを受け入れる様に子供に教育されています。

そして成長し社会に適応するに従い自我が拡大していきます。

 

魂の成長

 魂は成長することによりエネルギーが増大します。

経験と成長、即ち決心することです。

「今の状況がこうだから」「こうした方が都合が良いから」・・・

こういった損得勘定は決心ではありません。

「決心する」ことで、自分が発振した振動波と同調できるようになります。

今まで通り過ぎて行った本質からの振動波も、自分が決心して調和のとれた振動波になると、同調しやすくなり、直観や閃きとして入って来てる訳です。

 

「決心する前」と「決心した後」では全然違います。

その瞬間に自分の目指すべき道筋が示されます。

 

 自然の法則では「波動」が組み合わされることにより、あらゆる現象を起こします。

時間や空間も波動の組み合わせです。

 

 

 何も顕在意識や自我の全てが悪いと言うのではありません。

全てはバランスです。

 

 顕在意識→交感神経→脳脊髄体→解糖系

 潜在意識→副交感神経→自律神経→ミトコンドリア

 

 これらが密接に心と体に関わっています。どれが良い悪いではなく、全てを受け入れ自分の心に従い、そして1つ1つ、経験を積み重ねて行きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

選択しない生き方

 新しい時代が本格的に始動しました。

それにより意識感覚がさらに加速します。

この地球上における自分の役割が、自分を大切にする事により、幸せになる時代です。

 

  自分の身に起こることは、全て自分の蒔いた種(因果)です。

間違っている方が、上手くいかなかったり、病気になったりします。

決して他人を変える事はできません。なぜなら人間は自分を変える為に、生まれて来たからです。

 

 全てを受け入れ、それが愛と光のスタンスであれば、どっちでも良いのです。どっちでも上手く行く様になっています。

もし上手く行かなくても、それは自分のやり方や方向が間違っているだけで、自分を変えるチャンスです。

 

 無理や我慢は自分を苦しめます。不安や心配は、闇と恐怖の入り口です

他人のせいにしたり、悪口をいうと、必ず自分に返ってきます。

良い波動は良い波動と共鳴し、悪い波動は悪い波動と共鳴します。

 

 最終的には全ての体験を統合(手放す)する為に存在しています。

良い種を蒔いて、良い実を収穫しましょう。

そして選ぶのではなく、選ばれる人になりましょう。

野菜とサプリの違い

 天然の野菜や果物には、カリウム40と言う、微量放射線が含まれています。

これは、地球が誕生した時から存在するミネラルで、通常のカリウムより中性子が1つ多い為、微量の放射線を出しています。

半減期は12.6億年で、飛距離は1ミクロンです。

飛距離も短く微量な為、人体が被爆することはありません。

 

 このカリウム40は太陽エネルギーの働きと同様に、活動エネルギーを生み出す大きな働きがあります。

 

 

細胞内のエネルギー工場の仕組み

 解糖系で分解された栄養素は、ミトコンドリア内でさらに分解され、水素が作られます。

この水素が酸素と結びつく過程で大量の活動エネルギーが生み出されます。

そして栄養素から水素を引き離す仕事を、

太陽光線=電磁波

カリウム40=放射線

が行っているのです。

 

 動物は植物を食べることによりカリウム40を摂取し、植物は大地からカリウム40を摂取します。

つまり野菜や果物を取ると言うことは栄養素ばかりではなく、カリウム40も補う目的があります。

太陽エネルギーの電磁波やカリウム40の放射線など目に見えないエネルギーも、ミトコンドリアのエネルギー工場の活性化に必要なものです。

2020年からの生き方

 太陽系は銀河系の中を、プレアデス星団アルシオーネと言う星を中心に26,000年周期で周回しています。

プレアデス星団は日本では昴(すばる)と古くから親しまれ、アルシオーネはその中で最も明るいおうし座星です。

 

 この26,000年の天体周期の終わりが、2011年10月28日です。そして2011年10月29日をもって、新たな天体周期が始まります。

 

 

 プレアデス星団の中心星であるアルシオーネを、光エネルギーが帯状に取り巻いている、と言う説があります。(フォトンベルト説)

新周期にはいるこのタイミングで、地球がこの光エネルギーの影響を受け大転換期を迎えるそうです。

これは地球が新たな光のステージに突入し、その影響で地球は物質世界から心の世界への転換を意味します。

波動レベルが上がり、魂のレベルもその波動に合わせないと、生き難くくなりました。

 

今まで守られてきた者も、自ら向かって行かないと、淘汰される時代です。

この転換期には人ばかりか、太陽の黒点運動や地球の気候などにも影響を及ぼすそうです。

 

地球が太陽の周りを公転する公転軌道は楕円なので、太陽に近づいたり離れたりしています。

これだけでも、地球の気候変動は引き起こされますが、それ以外にも、様々な天体の影響力が地球に与えています。

 

 

 

 これまで20世紀の世の中は、資本主義・物質社会でした。

物質社会が悪いのではなく、その時代には必要でした。そのおかげで、テクノロジーは発達し、戦争の悲惨さも学びました。

 

 今までの人間は右脳と左脳のバランスが上手く取れていない為、手に入れても、手に入れても、尚満足できず、しかしそのお陰で物質社会を築き上げる事が来ました。その時代には適していたからです。

 

 しかしこれからはの時代に入りました。

2011年10月29日をもって、地球の波動が変わった為、自己中心的な生き方が、生き難い世の中へと入りました。

もう人は十分すぎるテクノロジーを手に入れたので、これからは優しさや思いやりを持った方が、人は生き易くなります。

今まではバレなかった悪事も、暴かれる時代です。

 

 地球規模になると、波動が変わっても急には変わりませんが、今まさに過渡期を迎えています。当然世の中は混乱するでしょう。そうして社会の膿を出し切った後、新時代を迎えます。

 

当然お金や物も大切です。心だけでは生きて行けません。

お金も大事・物も大事・自分も大事・他人も大事・心も大事です。

 

 

 1997年以降に生まれた人達は、生まれながらにして、右脳と左脳のバランスが取れているので、既に満たされています。魂のレベルが上がっているからです。

やがてこの世代の人達が、社会の中心となり、新しい時代を築き上げて行くでしょう。

 

 

 

 

 

 

なぜ癌になるのか2

男女の関係は20億年前の出会い

 生物は男と女はという2つの性をもっています。

生物が子孫を残す為の生殖は、20億年前の解糖系生命体とミトコンドリア系生命体の合体に遡ります。

 

それぞれ男は解糖系、女はミトコンドリア系と特徴があります。

 

男(精子)          

解糖系=無酸素

冷やして分裂

 

女(卵子

ミトコンドリア

温めて成熟

 

 男性、女性それぞれお互いの存在無しには生きていけない様、つまり20億年前の生命体の合体が生殖です。

 

男性器が外気にさらされているのは、体温-5度という低体温が、精子の分裂に適した環境にあります。解糖系が優位の精子には、ミトコンドリアはほとんどありません。

 

一方卵子は体内で温められることによって、成熟します。

成熟した1つの卵子には、なんと10万個のミトコンドリアが存在します。

 

なぜ女性は美しいのか

 思春期を経て女性ホルモンの分泌が増えると、それと伴って副交感神経が優位になります。

副交感神経はゆったりとリラックスした状態の時優位に働きますが、その状態が続くとリンパ球の数も増えていきます。

その結果、免疫力アップに繋がります。

 

 これが女性の体の基本なので、交感神経優位(ストレス・女性の社会進出)の生き方は、女性の体への大きな負担となります。

 

 現代社会の女性に多い不妊症は、低酸素・低体温の持続によって、卵子が成熟せず、排卵の間隔が延びることにより起こります。

 

 女性に冷え性が圧倒的に多いのは、卵子を温める事が生物としての基本になっているからでしょう。

ストレス・睡眠不足・食生活の乱れ・長時間労働は低酸素・低体温の原因です。

 

 

 反対に男性(精子)は低酸素・低体温が、活発に分裂するのに適している為、社会でストレスにさらされたり、成果を求められる役割を担っているのかもしれません。

 

 男性=解糖系、女性=ミトコンドリア系とそれぞれ適した役割が、生命の法則に支えられていて、それが幸せに生きることだと思います。

 

 

なぜ癌になるのか

 人間は60兆個の細胞の中に、2つのエネルギー工場を持っています。

それは、解糖系ミトコンドリアです。

 

解糖系無酸素糖質を原料に、細胞質で作られます。

ミトコンドリア有酸素糖・脂肪・タンパク質を原料に、ミトコンドリアで作られます。

 

 

 38億年前に誕生した原子生物は、酸素の無い環境下で生きている為、酸素の必要の無い解糖系のエネルギーシステムを使って生きるしかありませんでした。

  

 その後、太陽のエネルギーを利用する光合成細菌が現れると、大気中の酸素濃度が上昇し、従来の嫌気性細菌は、生命の危機に陥りました。

 

 そこに登場したのは、酸素を利用したエネルギーシステムである、ミトコンドリア系細菌です。

 

 私たちの細胞は、もともと解糖系の単細胞生物ミトコンドリア系の細菌が寄生したのです。

好気性細菌が活動した場所は、部分的に無酸素状態になり、嫌気性細菌にとって、酸素を食べてくれる、好気性細菌に頼るしかありません。

 

 また好気性細菌にとっては、解糖系によって生み出された栄養(乳酸)を分けてもらえます。お互いにメリットのある中、次第に一体化し進化を遂げました。

 もともと独立した生物体であったミトコンドリアは、細胞内にありながら、独自のDNAをもっています。

ただそれは、自分達の分裂・複製のみに用いて、他の働きは、本体の核であるDNAに委ねています。

 

 

 無酸素状態で活発になる解糖系は瞬発力有酸素状態で活発になるミトコンドリア系は持久力と、それぞれ役割分担する事によって、生命活動が成り立っています。

 

 20代の頃は解糖系が主力エネルギーとして働くので、無理が続いても乗り切れますが、

加齢していくほど解糖系は後退し、瞬発力が必要な無理が利かなくなります。

しかしその反対に、ミトコンドリアの数は、増えて行きます。

 

 40代以降は徐々にミトコンドリア系のゆったりした生き方に切り替え、交感神経と副交感神経、解糖系とミトコンドリア系、これらの機能をバランス良く使いこなす事が大事です。

 

 しかしながら現代人は、ストレスや食生活の欧米化、社会での成果(瞬発力)などの要因により、解糖系にかなり偏っています。

それによる体内の環境の悪化によって、細胞が酸素呼吸を減らし、発酵を増やして、生き残りをはかる過程で、ミトコンドリアが分裂・萎縮し、原核細胞時代へと逆行します。

 

 その結果、癌遺伝子が活性化し、癌抑制遺伝子が働かず、細胞核のDNAにも異変が起こります。

ミトコンドリアの分裂・断片化によって、ますますエネルギー代謝が、酸素呼吸優位から無酸素発酵優位へと、逆転して行きます。

 

ストレス

 ストレスが発生

  ↓

 交感神経が刺激

  ↓

 アドレナリン・ ノルアドレナリンが分泌

  ↓

 血管が収縮し、血流が止まる

 

 

 ストレスで低酸素・低体温状態になると、赤血球はくっつき、ドロドロ状態になります。

ドロドロは不健康と見なされてますが、興奮するだけで、血管の末端は赤血球がドロドロ状態になり、無酸素状態となります。

 無酸素・低体温では酸性になり、血流はドロドロです。(交感神経優位)

 

 有酸素・温かい状態では弱アルカリ性になり、血液はサラサラです。(副交感神経優位)

 

 

 危機を乗り越える為、解糖系がフル活動し、体が低酸素・低体温状態になり、瞬発力に偏った体に適応しおうと体がバランスを取ります。

興奮や怒りで血液がドロドロになるのは、外敵との戦いの際、自分の体が傷つけられても、出血を防ぐ働きがあります。

 

 当然瞬発力は長い時間持続出来ないので、その後の十分な休息が必要です。

 

 

 ストレスが悪い、癌が悪い、解糖系が悪い、病気が悪い、ではなく、癌や病気になることによって、体はバランスを保とうとしています。生きにくい状況下に適応しおうとする、体の知恵です。

 

全てはバランス

 日本人の病気になる人の7割はストレスを抱えすぎた交感神経緊張型で、

3割はストレスが少な過ぎた副交感神経への偏りです。

 

 ストレスが少な過ぎても代謝の低下で、血流障害が起こります。

またのんびりし過ぎの生き方をすると、生活全般の能力低下が進み、日常生活そのものがストレスになります。

 

 興奮と安らぎ、頑張りと休息は表裏一体であり、安らぎや休息だけを得ることは、出来ません。

 

 

 ストレスと安らぎ、交感神経と副交感神経、血液ドロドロとサラサラ、解糖系とミトコンドリア系、全てはバランスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

魂のレベル

 私たち人間は、3次元の物質の世界で生きています。

その中で様々な魂のレベル(4次元から8次元のレベルの魂)の人達が、お互いに影響を及ぼしながら、魂の修行を行ってます。

    

3次元 物質界 (肉体)

4次元 幽界  (幽体)

5次元 霊界  (霊体)

6次元 神界  (光子体)

7次元 菩薩界 (光神体)

8次元 如来界 (神体)

9次元 宇宙界 (エネルギーのみ)

 

 人は死ぬと肉体を脱ぎ去り、あの世へ行きます。

そして成仏するためには幽体を脱ぎ去り、霊体へなります。

霊体を脱ぎ去れば、光子体になり、光子体を脱ぎ去れば、光神体

光神体を脱ぎ去れば、神体と言う風に、レベルが上がるにつれ、波動が高くなり、光とエネルギー量が増して行きます。

 

 つまり人間の多層構造は、

肉体→幽体→霊体→光子体→光神体→神体→エネルギーのみ→心の芯

となります。

f:id:ksampa:20210815104820p:plain

  潜在意識は自分の魂に繋がっていて、自律神経と呼応しています。

さらに深い超意識は、他の人達の魂と繋がり、内分泌系と呼応しています。

そして魂の根本である心の芯は、宇宙意識に繋がっています。

 

 

3次元 物質界

 3次元の世界では、肉体を持つことにより、他と区別され他人と関わります。

この世では、自分の因果を解消するため、魂の修行を行います。

自分の身に起こることは、全て自分が蒔いた種であり、善い行いも悪い行いも自分に返ってきます。

 

4次元 幽界
  自分さえ良ければ他人はどうでも良いという世界。執着や欲望が強く成仏出来ません。

魂が浄化されない限り、この世界に留まり続けます。

 

5次元 霊界

 損得勘定の世界。見返りを求めたり、自分の労力と他人の労力を比べます。

大部分の魂はこの世界に属します。

 

6次元 神界 

 この世界から上は自分より他人を、思いやります。この世界の魂の人は、その人にしか出来ない能力や創造力が備わります。

 

7次元 菩薩界

 救済の世界。天使や聖人と呼ばれる人たちは、この世界の魂です。人々を救う為に、大きな役割を担います。

 

8次元 如来

 無我・無心・慈愛の境地に達します。もはや自分よりも、ほとんど全てを、他人の為に費やします。人類の文化・文明の根幹となる人たちです。

 

9次元 宇宙界

 人としての意識の魂の最上位で、もはや輪廻転生の必要がありません。

他の天体や宇宙と繋がることが出来ます。

キリスト・仏陀・モーゼ達がいる世界で、惑星での人類や生命を導きます。

 

 

 

 他人の為に生きると言っても、自己犠牲とか、自分だけ辛い思いをする事ではありません。

自分も幸せ・他人も幸せ・社会も幸せ、

全てが上手く行き、調和の取れた世界です。

 

 

 幸という漢字は、+-=+-で成り立ってます。

 辛という漢字は、+=+-で成り立ってます。

つまりプラス(+)を多くもとめると、辛いと言うことです。

プラス(+)とマイナス(-)のバランスの取れた状態が、幸せではないでしょうか?